日刊工業新聞にOZAC(オーザック)排水処理設備が掲載されました。

平成30年9月6日の「日刊工業新聞」にてエンバイロ・ビジョンのOZAC(オーザック)排水処理設備が取り上げられました。

長岡食肉センター向けに排水処理システム納入(記事原文)

新潟県長岡市に拠点を構える、長岡食肉センターにて、余剰汚泥の発生を抑えて沈殿槽を不要にした排水処理システムを初納入、可動を始めた。

極微細な気泡を曝気槽に放出して浮遊物質を圧壊するため、薬剤なしで処理水をそのまま河川に放流できる。設置スペースを従来方式に比べ4分の1に低減したほか、初期導入コストを数千万程度に抑えた。

エンバイロが納入した「OZAC排水処理システム」は直径数百ナノメートル(ナノは10億分の1)から100分の1ミリメートルの気泡を放出するマイクロ・ナノバブル発生装置と、オゾン発生装置、活性炭含有スポンジ担体の組み合わせ。

オーザックシステム

原水槽とオゾン反応槽、生物処理槽の合計60トンの流量を10時間で処理する。科学的酸素要求量(COD)、生物化学的酸素要求量(BOD)、浮遊物質量(SS)など、いずれも基準値を十分下回る試験結果を残している。

コンパクトンな設備設計で電気資料量の削減も期待できるほか、新設、既設を問わず設置可能なことから、今後エンバイロは排水処理向けに低コスト、省スペースの需要を開拓していく。

抜粋記事

日刊工業新聞

  • PAGE TOP