原水・1.5・3・9時間後の経過写真 

化学工場の難分解 廃水処理試験の報告書

化学工場の難分解廃液・排水処理試験

始めに

M化学工業様の難分解廃液について、

  1. オゾン+マイクロ・ナノバブルによる酸化反応
  2. ACBキャリアによる生物処理

による廃液性状の変化についてラボ試験を行った。

同廃液は従来、産廃処理として業者に処理を依頼したもの。

オゾンマイクロナノバブル難分解廃水の実験日時

  1. O3+MB処理=2019年11月6日(水)13:00~7日(木)8:00
  2. ACBキャリア処理=11月28日(木)採取

オゾンマイクロナノバブル難分解廃水の実験場所

埼玉県八潮市伊勢野347-4 エンバイロ・ビジョン株式会社 作業所

実験者

エンバイロ・ビジョン株式会社 小海 孝雄

オゾンマイクロナノバブル難分解廃水の実験条件

廃液量:約80L(容器容量120L)

  1. マイクロ・ナノバブル発生器:YJ-6
    通水量:約30L 送気量:約15L/分・約80Ⅼの液量。
  2. ACBキャリア
    80Ⅼの廃液容量の15%

オゾンマイクロナノバブル難分解廃水の実験結果

経過時間[h]

採取時刻 pH BOD
[mg/L]
COD
[mg/L]
SS
[mg/L]
N
[mg/L]
P
[mg/L]
備考
1 原水 13:00 10.3 270 9000 120 280 <1 クリーム色、濁り(中)
2 O3+MB1.5h 14:30 9.8 250 8800 140 290 <1 薄クリーム色、濁り(中)
3 O3+MB3.0h 16:00 9.0 350 9800 290 290 <1 薄クリーム色、濁り(中)
4 O3+MB 19h  17:00 7.4 1200 6900 <10 300 <1 透明、濁り(薄)
5 ACB288h 11:00 8.9 21 420 13 390 26 透明度(中)

観察

  • 試験開始直後から細かな泡が発生し、試験の間、発生状態が継続した。
  • 原水は異臭がしたが、オゾン+マイクロ・ナノバブル試験の開始直後から、臭気はほとんど気にならなくなった。
  • 色の変化は、3時間経過してもほとんど感じられなかった。濁りも、SS成分が沈殿することから、反応時間を増やす必要があると判断し、次の日まで継続することとした。その結果、無色透明となり、SS成分が極端に減少した
  • 原水のpHはアルカリ性に振れていたが、19時間後には中性となった

考察

  • 最初の3時間での目視確認では、採取直後は透明度も増し、SSも少なく感じるのだが、時間が経過するとSS成分が沈殿し、透明度も基に戻る傾向でした。しかし、19時間経過することでSS成分が分解され、CODも1/3程度まで減少することからオゾン+マイクロ・ナノバブルの酸化処理が可能な検体といえます。
  • BODの数値が上昇したのは、SS成分が分解されてカウントされているものと考えます。透明にも関わらず数値が高いのは溶解性BODとなっているからです。この傾向から、UVランプを利用した促進酸化法を加えたほうが、より早い反応を期待できます。
  • 次の工程として、ACBキャリア(活性炭含有担体)による生物処理を12日間行い、結果としてBOD、COD、SS共に、数値を大幅に下げられることが確認されました。通常ですと6日間で分解試験は終わるのですが、試験開始直後は微生物が生息せず、透明な処理水のままであり、7日目にタンクを室外に出してから継続すると、一気に微生物が付き、分解が始まったことから継続しました。
  • 全窒素の値は、全ての工程を経ても変わらず、脱窒素の工程を加える必要があります。
  • 今回の廃水処理における機器構成は、オゾン+マイクロ・ナノバブル処理・UVランプによる促進酸化法→ACBキャリアによる生物処理→脱窒作業が必要と考えます。
  • これの試験結果を元に、実地試験を行うことでより確実なシステムの構築ができますので、実機による試験を行うことをお勧めします。

写真(オゾン+マイクロ・ナノバブルによる酸化処理試験)

1.試験装置概観 

試験装置概観 

2.マイクロ・ナノバブル発生装置

マイクロ・ナノバブル発生装置

3.開始15分後の発泡状況

開始15分後の発泡状況

4.開始180分後の状態 

色はほとんど変わらず、時間が経つとSSが沈殿する

開始180分後の状態 

5.開始19時間後 

透明になる。        

開始19時間後 

6.原水・1.5・3・9時間後の経過写真 

9時間後は無色透明

原水・1.5・3・9時間後の経過写真 

写真(ACBキャリア 生物処理)

1.空気マイクロ・ナノバブルとACBキャリアを投入 

水温は30℃維持。

空気マイクロ・ナノバブルとACBキャリアを投入   

2.7日目 

微生物が付き出す。

7日目  

3.14日後 

乳白色となる。

 

4.パックテスト

COD120の値を示す。

パックテスト

5.処理水の色は薄い黄色となり、多少の濁りはあるが透明度も高い

透明度も高い

難分解廃液・排水処理試験後

以上、オゾンマイクロナノバブルとACBキャリア生物処理による、化学工場の難分解廃液・排水処理実験は成功した。

この成功により、このお客様は3か月後、
本装置を採用されました。